イメージ保存機能を使った簡単サーバーコピー

お名前.comクラウドでは、仮想サーバーのブートディスクをイメージとして保存することができます。保存されたイメージはバックアップとして利用したり、同じ構成のサーバーを複製する際のテンプレートとして利用することができます。また、サーバーのプラン変更時にもイメージを利用することができます。

イメージ保存の料金:10円/GB(税抜)

 

それでは実際の手順をご紹介します。

1. コントロールパネルにログインし、以下の順でメニューを開きます。

[サービス] > [サービス名] > [サーバー操作]

image_0

 

2. サーバー一覧からイメージ保存をしたい「サーバー名」をクリックします。

controlpanel

 

3. サーバー操作画面から、[シャットダウン]をクリックします。

※イメージ保存時は、仮想サーバーをシャットダウンします。
※イメージ保存対象は、仮想サーバーのブートディスク(Linux:30GB、Windows:60GB)となります。
※ブートディスク以外にインストールしたソフトウェアや保存したデータはイメージ保存の対象外となります。

image_0-1

 

4. サーバーの状態が「停止」になったことを確認し、[ブートディスクイメージ保存]をクリックします。

image_1

 

5. 保存するイメージ名を決定し、[実行]をクリックします。

イメージ名はサーバー名と作成日時から自動的に表示されていますので、そのままでも構いません。

image_2

 

6. イメージ保存のメニューに移動します。 

状態が[準備中]→[利用可能]になったらイメージ保存完了です。イメージ保存元の仮想サーバーを起動することが出来るようになります。

image_3-1

 

7. 「保存したイメージ名」がサーバー追加のOS選択メニューに表示されるようになります。

これでOSをアップデートした状態やミドルウェアをインストール済みの仮想サーバーを簡単に複製出来るようになりました。

 image_4

 

以上です。

 

お名前.comクラウド活用ガイドではサーバー設定やミドルウェアのセットアップ方法をリファレンスとして紹介しています。ぜひ参考にしてください。


関連記事
  1. 「Cyberduck」によるオブジェクトストレージ管理
  2. コンソール接続によるログイン方法
  3. ownCloudとオブジェクトストレージの連携方法
  4. ownCloudを使ってオンラインストレージを構築しよう
  5. Windows Serverの利用手順とリモートデスクトップ接続